ぼっち

「お前って大学に友達いるの?」

 

よく聞かれます。まず最初に。

 

その質問めっちゃ傷つくんでやめて下さい。

 

この質問ってどっちを答えても地獄じゃないですか。「いや、いるってw」って答えても(強がってんなぁ...)ってなって「いないよ」って答えても(可哀想...)ってなるだけじゃないですか。どっちに転んでも地獄です。マジでやめてください。

 

でも、この質問をしてくる人の気持ちもわかる。だってぼく、twitterで大学の友達について一切話さないじゃないですか。中学や高校の友達の話はするのに。だから「こいつ大学に友達いるんか?」って疑問を抱くのは当然です。

 

結論から言いましょう。

 

友達はいます!!!!!!!!

 

でも、話すほどの人ではないですイメージ的には「クラスで賢いポジションにいるけど特にこれといった特徴のない人」ですかね。目立った特徴がない。キモくもない。だからtwitterで話さないんです。だってデレステFGOの話しかしない奴の話したって面白くもなんともないじゃないですか。人生かけるほどハマってるならともかく。

 

「そんな奴ら友達って言わなくね?」って意見が来るかもしれませんが、友達は友達です。もちろん個性的な人たちの方が面白いのは面白いけど、こういうビジネスライクな関係もそれはそれで楽しいのです。僕は過干渉されるのめっちゃ嫌いなので。それに彼らがいなかったら僕留年してますしね。その点で彼らには感謝してるし友達です。

 

 

ここまで読んだ人ならなんとなくわかるでしょうが、この記事は特に何かを発信したいわけではないです。単なるインキャの言い訳です。 わざわざ読んでもらってすんません。

 

でも、こう書いてみるとやっぱり僕も友達が誰かに自慢したくなるような特徴を何かしら一つ持ちたいなーってなります。めっちゃ賢かったりめっちゃギャンブル強かったりめっちゃ風俗詳しかったり。そんな自己確立的なアイデンティティを持てるよう頑張っていきます。

 

おわり

 

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

 

 

最悪殺せる

みなさん。心の底から

 

「殺す!!!」

 

って思ったことありますか。無いって答えた方。正解だけど間違いです。倫理的には正しいけど精神的には良く無い。今回僕は「最悪殺せる」理論を提唱したい。このマインドを身につけることで日本の自殺率や鬱発症率は格段に減ると思っている。

 

世の中生きてるとやっぱり理不尽に怒られたり嫌われたりすることってあるじゃないですか。その時「やっぱ俺ってダメだなぁ…」ってなる人っていると思います。でも、それじゃダメなんです。心の底から「殺す!!!!!」って感情になりましょう。勿論本当に殺すわけではないですよ。でもこう思っていると次第に「最悪こいつナイフで刺したら死ぬわけだし、まあいっか」ってなります。自己嫌悪に陥るよりよっぽど健全で健康的です。

 

このコロスマインドを基盤に新興宗教でも作ったら儲かるのではないでしょうか。MOTHER2の「ハッピーハッピー教」をもじって「コロスコロス教」なんて如何でしょうか。

 

「会社で上司に無視されてて….」

 

大丈夫。最悪殺せます。

 

「東大に落ちて学歴コンプで…」

 

大丈夫。東大生もバットで殴ったら死にます。

 

圧迫面接されて…」

 

大丈夫。どんな企業の人事でも、例えそれが外資系トップ企業でも、後ろから角材で殴ったら殺せます。

 

どうですか。コロスマインドで世界が救われますよ。みんなも今日から辛いことにあったら自己嫌悪に陥る前にこう思いましょう。

 

「殺す!!!」

 

 

おわり

 

 

MOTHER2 ギーグの逆襲

MOTHER2 ギーグの逆襲

 

 話に少しだけでたMOTHER2ミニスーパーファミコンに搭載されると思ってたんだけど、されなかった。名作なのでやりましょう。ペンシルロケット20は縛ろうね。

なんで勉強するの?

「なんで勉強するんですか?」

 

おそらく塾講師や家庭教師をしてる人は少なくとも一回は聞かれる質問ではないでしょうか。僕もされます。大抵こういう質問してくるやつはロクでもないやつばっかだし真面目に答えても3分後には忘れてるんで適当に答えてるんですが。でも、この質問ってなかなか答えづらくないですか?おそらくほとんどの中学校や高校の先生もマトモに答えられないのではないでしょうか。勉強しろって言ってるやつがなんで勉強するか答えられなかったらそれはそれでどうかとおもうけど

 

そんなこんなで、僕なりに勉強することの意義について思う事を書いていきます。ここでは、「なんで勉強するんですか?」の質問者が中学生であることを想定して書いていきます。つまり、ここでいう「勉強」はテストや受験のための勉強を指し、大学以降の「学問のための勉強」を指しているわけではありません。あしからず。

 

僕が思う勉強のメリットは二つあります。「社会的に信用される」ことと「賢くなる」ことです。

 

社会的に信用されるってのは要するに学歴です。やっぱりいい大学に行けばそれだけ選択肢も広まるしいろんな人から信用されるわけです。勿論「学歴が全てじゃない」っていう人もいる。確かに全てじゃない。でも、学歴で人を判断する人間って予想以上に多いです。特に社会的に成功している人に限って。僕は昔カラオケ屋で働いていたんですけど、実業家で成功している人と仲良くなった時「こういう仕事は造形や同女の連中に任せて君は他のことをやりなさい。」って言われたことがあります。THE 学歴厨って発言ですね。正直僕も引きました。この例は極端なものとしても、学歴で人を判断する人間は結構います。だから、勉強しましょうってのが一つ。

 

もう一つのメリット、「賢くなる」について。よく「勉強したからって何にもならない」「因数分解なんて社会に出てなんの役にもたたない」っていう人いるじゃないですか。確かに「学ぶ」内容そのものは社会に出ても役に立たないかもしれません。でも僕が思うに「勉強を通じて身につく能力」は世間で役に立ちます。例えば数学。自分が受験勉強をしてた頃を思い出して欲しいんだけど、問題を解く時なにを意識していましたか。おそらく「ケアレスミスをなくすこと」ではないでしょうか。数学では少しでも問題文を読み違えたり計算ミスをすると大崩壊を起こす訳で、みんな死ぬほど注意深く問題を解きますよね。僕は数学を学ぶ意義はここにあると思います。つまり重複なく漏れなく考える能力が養われる訳です。この能力はいわばビジネスでいうMECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)に該当します。つまり、数学の受験勉強を通じてロジカルシンキングに必要なMECEの力が身につく訳です。

 

この点を踏まえて考えると、「企業が学歴で人を判断する」理由もわかるのかな。学歴いい→勉強ができる→MECEに考えられる→仕事ができるってな訳で。実際に一橋だかどっかの研究で「学歴」と「収入」との間には相関関係はあっても因果関係はないってことがあきらかになってたはずです。つまり、いい大学に通ってる「から」収入が高い(=有能)な訳ではなく、有能なやつがたまたまいい大学に通ってたってことなんです。

 

そんなこんなで勉強する理由について僕が思うことを書きました。まとめると、勉強ができたからってそれ自体で人生勝ち組になれる訳ではないけど、してるといっぱいメリットがあるよってことです。何か当たり前って結論でごめんなさい。

 

みんな勉強しようね。別にいい大学に行ったからって女は寄ってこないし周りは変な奴ばっかだし学食もたいして上手くないです。でもいいことはあるよ。たぶん。

 

おわり

風俗的コミュニケーション

風俗って言ったことありますか。あのエッチするところです。

 

僕はめっちゃ風俗好きなんだけど、風俗に行くたびにネガティヴな感情を抱きます。

 

「俺、コミュ力ねえな….」

 

って。

 

僕と面識のある人はおそらく「いや、お前めっちゃ話すやん!!」って思うかもしれない。実際にそう。僕はコミュ力はある方だと思っている。でもそれはインキャ相手の話。コミュニケーションってダンガンロンパ的な感じだと思ってる。自分の会話のネタ(コトダマ)を相手に合わせて打っていく感じです。僕が持ってるコトダマは「勉強」「アニメ」「ゲーム」「アイドル」といったもの。つまり、インキャ集団にマッチしたコトダマなんです。だから相手が陽キャになってくると急に喋れなくなる。

 

本当は高校なりで「自分はインキャ特化型人間なんだ」って気づくんだろうけど、僕の場合高校は偏差値75くらいのところ、大学は京都大学っていうカシコい大学に通っていたんでそれに気づけなかった。だって周りインキャばっかだったし、その空間の中で陽キャって呼ばれているような人たちも世間的に見たらインキャなわけで。要するに高校大学ともに僕はインキャしか居ない世界で暮らしていたんです。だから自分はコミュ力あるとおもってた。

 

でもそのプライドも風俗に行くたびに崩れるんです。コミュニケーションの相手は風俗嬢。いわば陽キャ界のトップを走るような人間です。そうなってくると僕はどうしようもなくなる。だって風俗嬢にプリパラの話したって「何言ってんだこいつ…」ってなるに決まってるじゃん。だから僕は風俗行くたびに「かわいいね」「おっぱい大きいね」「気持ち良い」しか言えなくなります。

 

これが良嬢(僕のような人間でも優しく扱ってくれる人)だったら良いんです。自然に話つなげて盛り上げてくれるから。でも、新人だったりすると話は別。すごいことになります。

 

今日もセクキャバっていうおっぱい揉めるキャバクラみたいなとこに行ってきました。一人の嬢と15分くらいイチャイチャしてそれを三回繰り返すってとこなんですけど、1・2人目の嬢が新人だったんです。その嬢との会話内容は

 

嬢「○○ですー。よろしくねー!」

 

ぼく「よろしく!めっちゃかわいいね!」

 

嬢「そんなことないよー、でもありがとう!」

 

ぼく「おっぱい大きいね!」

 

嬢「触って良いよ!」

 

おわり。

20分中会話はこれだけです。あとは「ぼくがひたすらおっぱいを舐めて嬢が喘ぐ」っていうのが20分続くのです。周りが盛り上がってキャッキャしてる中。もー地獄ですよ。僕の人生で一番辛かった時は高校の時に自律神経失調症にかかって学校に通えなかった時なんですけど、それの次くらいに辛かった。途中おっぱい舐めながら「帰りてぇ…」って呟いてましたもん。

 

勿論この話を聞いて「それは風俗嬢が悪い」という人もいるかもしれない。でも、ぼくも悪いんです。その風俗嬢にあった話題を的確に言っていればあの苦行はなかったかもしれないし、なんならライン交換もできていたかもしれない。要するにぼくの陽キャ用コミュ力が欠けていたのが悪いんです。

 

こういった苦い経験をするたびに陽キャ用の話題身に付けないとなーってなるんだけど、実際そういった店で働いてる子ってどういう話したら盛り上がるんですかね。知ってる人いたら教えてください。

 

 

 

あーーーーー、色々と疲れた。ガヴリールドロップアウト見て寝ます

 

おわり

バカになりたい

バカになりたい。別に僕が賢いって言いたいわけじゃない。僕は捻くれてるだけ。今言ってるバカってのは「知能がない」っていう意味のバカじゃなくて「バカ正直」って意味でのバカ。何でも聞いたことをそのまま素直に受け止めるタイプの人間、そんな人間になりたい。中学生とか高校生の頃はニヒルで穿った物の見方で生きるのがかっこいいしそれが人生生きていく上で一番賢いんじゃないかって考えてた。確かに、今でも捻くれた人間の方が人生失敗する割合は低いと思う。だって騙されにくいもん。

 

でもさ、バカの方が捻くれ者よりもぜっっっっったい人生幸せだよね。

 

そう思う理由として、例えば宗教。信者の方には失礼だけど、あれをバカ正直に信じれる人間って相当な幸せ者だよね。だって死後救済されるんでしょ。死ぬの怖くないじゃん。僕は捻くれてるから「神が死を救済してくれる!!」って言われても「その神って死ぬのが怖かった昔の人が適当に作っただけじゃね?」ってなるの。その時点でもう人生の幸福度が違う。

 

そんな僕も昔宗教を信じていた。「オナ禁教。オナ禁っていうのはくそ丸という方が立ち上げたサイトをきっかけに始まった言うなれば一種の健康法のような物で「オナニーを辞めることで全ての悩みが解決されあらゆる女からモテる」というもの。この健康法はその「モテる」という性質とその手軽さから主にネットのバカを中心に広まっていった。

その中に僕もいた。まだ中学一年生の時だ。当時はまだネットを始めたばかりで、ニコニコ動画流星群」や「七色のニコニコ動画」をみて胸が熱くなっていた頃だったオナ禁の事を知ったのは確か冬の頃。どういうきっかけで知ったのかは覚えていないが兎に角言いようもない期待感に満ち溢れていたのは覚えている。それからは完全に信者。オナニーなんて毎日して当たり前の中学一年生が完全禁欲を始めたのだ。学校から帰ったら毎日2ch健康板の「オナ禁の効果を報告するスレ」に書き込み、信者間で積極的に情報交換するレベルだった。仲の良かったユーザーが「オナ禁20日目、やっと電車で女が隣に座った!!!」という書き込みを見た際には「おめでとう!!!!!!」と我が事のように喜んだ、多分大学受かった時より喜んでたと思う

 

今でこそバカな話で「こんなこと信じてたなんてどうかしてる」と思うかもしれないが、当時は本当に楽しかった。当時の写真を見ても誰だお前っていうくらいイキイキしてるし。やっぱり何かに盲信して突き進むってすごく楽しいよ。でも、その「盲信」が肝。「盲信」するためにはバカじゃないといけない。今の僕みたいな捻くれ者がオナ禁を知っても「嘘松じゃん」の一言で終わってしまうのだ。

 

 

あーーーーーバカ正直になりたい。

俺もtwitterの泣ける話に感動したい。HIKAKINで笑いたい。踊ってみたで踊りたい。歌ってみたで歌いたい。嘘松になりたい。荒んだ大人になりたくない。

 

 

 

決めた。

 

Youtuberになろう。

 

おわり

性癖。

性癖の話をします。

 

どうせホモの話だろっていうのやめて。

 

誤解を招かないように言っておくと、僕にとってホモ(=男の娘)は 男の娘性癖 であって、男の娘=性癖ではないよ。

 

結論から言うと僕の性癖は

 

「異常性」

 

「○○なのに××してる」ってシチュエーションが大好きなの。だから、「おばさんなのに女児服着てる」だとか「男なのに女の格好してる」ってのにめっちゃ興奮する。

 

そんな僕が人生で初めて買ったAVが「変態よい子保育園」

そのAVの冒頭は僕の記憶に鮮明に残っている。

 

保母さん(40代)と園児たち(30代)が童謡を歌う中、一人の幼女(35)がお漏らしする

 

ところから始まるのだ。

 

いまでこそ笑い話だが当時の僕は死ぬほど興奮していた。

だってさ、園児の格好したおじさんおばさんがセックスしてるんだぜ めっちゃ異常じゃん。こういうのが本当に好きだった。今もだけど。

 

 そして僕が最近はまっているのは「男の娘×ゴスロリ

何かもう異常性の頂点を極めた気がする。めっちゃ興奮する。

 

この前僕の大好きなプリパラのOPである、わーすたの「Just be yourself」って曲が発売された。こんな感じの可愛いジャケットだった。

f:id:piyopyoppp:20170513010148j:plain大好きな曲だったし、発売日に買ってこれ見ながら聴いてたの。

そしたら無意識に

 

 

「この娘たちにちん○生えてたらなぁ....」

 

 

って呟いてた。

 

 

病気です。

 

 

おわり

 

 

 

追記

ちなみに僕が好きなのは

二次元ではせみもぐら(特に女の子の日TS男子校付属○童貞マッサージ部

三次元ではShemale Japan(特にhardcoreって言う逆アナル専門のやつ 森林原人が男の娘にガン堀りされてるやつオススメ)

 

みんな見てね!!!!!!!!!!!

 

労働者様。

ブラック企業。その言葉が認知されだしたのは2010年頃かな。「ブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」や「ワタミ騒動」で話題になって、「従業員を過重労働・違法労働で使い潰す企業」という意味でネットを中心に広く使われるようになった。そんな「ブラック企業」が単なるネットスラングではなく、一般大衆にも広まりつつある。そのきっかけとなったのが電通の自殺事件。あの事件以降、伝統的に滅私奉公を是としてきた日本社会への批判が激化している。twitterでも同じような傾向が見られて、最近では取り敢えず日本社会を叩いとけばrtが稼げる状態になってしまっている。

  

このことについてなんだけど、僕自身の率直な意見は「今の風潮自体には賛成だけど、最近過剰すぎない?」ってこと。勿論、雇用者をぞんざいに扱って要らぬ苦痛(パワハラとか)を与える企業は弾劾されるべきだよ。でも、最近は僕ら雇われる側の主張が「快適に働ける環境が欲しい」というよりも「働きたくないけど金くれ」って主張にシフトしてない?

 

それを一番感じたのが先月twitterのトレンドにもなった「時給1300円」問題。これはあるtwitterユーザーが「今の日本で健康で文化的な最低限度の生活を送るためには今の最低時給じゃ足りない。1300円まであげろ。」って言ったことが始まり。この意見が莫大な支持を集めてトレンドにもなった。でも、この主張って「今の日本の現状を全く考慮できてない、単なるガキのわがまま」でしょ。もしコンビニの時給が900円から1300円まで上がったとしたら世の中のコンビニ殆ど潰れちゃうよ。今の日本で特にスキルも体力も使わない仕事(コンビニとかスーパーとか、失礼だけど...)の時給は900円そこらなの。それ以上を望むならそれに見合う何かを支払わないと。

  

こんな感じで僕が言いたいのは、文句を言うなら文句を言うだけのスキルを身につけなければいけないってこと。企業に対してここをこうしろだとか、あれをああしろって言うなら、僕らの方もそれを言えるくらいには頑張らないと。そのスキルってのは「学歴・TOEICの点数・プログラミングスキル」といった具体的なものかもしれないし「コミュ力・メンタル・バイタリティー」といった抽象的なものかもしれない。けれど、そういったスキルを身につけて初めて「時給1300円にしろ」って我儘が言えるんじゃないかな。それがなかったら単なる子供が適当に喚いてるのと変わんない気がするよ。

 

こんな感じかな。

 

とりあえず思ってることを書いてみました。真面目な内容でごめんね。

 

それと最後に一番言いたいことを言うと

 

  

なんの根拠もない日本disツイートをRTすんな!!!!!ボケ!!!!カス!!!!!○ね!!!!!!

 

 

おわり